FC2ブログ
地雷ゼロ宮崎公式ブログ
3月定例ミーティング
地雷ゼロ宮崎 定例ミーティング終了

今日は参加者3名。1か月の活動報告、講演会3件など。今後の活​動予定。3月4日~11日に行われたカンボジアスタディーツアー​のテラルネッサンスの栗田さんの報告をまとめてみてもらいました​。来月は現地で取ってきてもらったビデオ映像や写真を使ってビデ​オ報告会を行えたらと考えています。
写真は講演会での感想文を150枚を読んでもらっています。感想​文はぎっしりと書かれていて、中学2年生もしっかりとしていて、​いろんなことを感じているんだなと思ったと感想を言ってもらいま​した。

meeting1
スポンサーサイト



地元公民館で講演
地元の公民館での講演終了しました。公民館婦人部の方が呼んでく​れました。まず知ることで講演を聞いてもらいました。皆さん初め​て聞くことが多く、1時間真剣に聞いてもらいました、質問もあり​、別な会でも呼んでいただけることになりました。ありがとうござ​いました。
isinuki1
生目中学校での講演
生目中学校3年生151人への講演終了しました。

今回は2時限の時間があったので久しぶりにフルの講演をしました​。カンボジアで見てきたことや自分が感じたことをなどをゆっくり​と伝えることができました。途中は本物の地雷撤去用のヘルメット​とプロテクターを付けて金属探知機を使って地雷撤去の疑似体験も​してもらいました。
 カンボジアの子供たちの話や最後のカンボジアで感じたことなど​話している時には、前のめりで聞いている生徒も何人もいました。​今回の話で何かを感じてもらえたらうれしいです。感想文が届くの​が楽しみです。

ikime2012
東大宮中学校より講演の感想文が届きました
2月24日に東大宮中学校での立志式での講演の感想文が届きました。生徒150名分の感想を1枚ずつしっかりと読ませてもらいました。一人一人がこの講演でいろんなことを受け取ってくれたのが分りうれしかったです。
higasiomiya2


以下感想文の抜粋です。

・立志式での講演お忙しい中ありがとうございました。私は、この前の向井理がでていたカンボジアの映画を見たので上野さんのお話が分かりやすかったです。私はあんなにたくさんの地雷が埋まっているのは知りませんでした。そういうお話をしていただいている時に私はとても贅沢な暮らしをしているなと反省をしていました。カンボジアの村では電気、ガス、水道がない。そして私たちの日本では電気、ガス、水道があることが当たり前のように感じていました。けれど上野さんのお話で、改めて自分を見つめ直すことが出来ました。ありがとうございます。私はこれから少しでも協力したり募金をして人の役に立つことを行っていこうと思います。すばらしい講演ありがとうございました。 

・私はカンボジアの人たちのために募金を積極的にしたいと思いました。

・私は、この日常生活で平和に暮らせているのが、どれだけ大切なのかがわかりました。

・地雷で罪のない人々が亡くなっていくのは悲しいことです。今すぐにでも地雷を取り除かなければならないと思いました。上野さんが言った通り一人300円を月ごとに収めれば不可能でないと思いました。私は「ノーモア地雷」をパソコンで見ました。その漫画にも心を打たれました。私は今できることをし、素晴らしい笑顔を増やしていきたいと思いました。

・私たちも何かできることがあれば、ぜひ地雷を無くすために協力したいなと思いました。そして少しでも地雷を早くなくしたいと思いました。今日はめったに聞けない貴重なお話を聞けて本当にためになりました。私たちに出来ることは何でもしたいです。

・私は、この講演でいろいろなことが分り何かを変えていきたいと思いました。

・一番印象に残っているのは、カンボジアの子どもたちがいつも笑顔でいるということです。学校に行けることがどれほど幸せなことか知りました。今私にできることは、この地雷をみんなに伝えることや募金で協力することだと思いました。

・私は地雷について正直あまり知らなかったのですが、この講演を聞いてびっくりしました。そして地雷でケガをしてしまった方、地雷を踏んでしまいつらい思いをしている方の力に少しでもなりたいと思いました。それと同時に私たちの住む日本がどれだけ平和で安全なことが分りました。地雷を撤去するのをみんなで協力すれば決して不可能でないということを知って、これからは募金活動をしてみたいと思います。今日聞いた話を家族や周りの人に広めていきたいです。

・カンボジアという国は、少し貧しい国だということは知っていましたが、地雷が何万個も埋まっているということまでは知りませんでした。だからすごく驚いて、この講演に夢中になっていました。僕は自分のやれる最大限のことをしないといけないと思いました。講演をお聞かせくださりありがとうございました。

・日本に地雷がないぐらい平和な国などとも思いました。日本に生まれて本当に良かったです。ですが、まだ地雷のなくならない国があります。僕はその国が安全で笑顔に生活が出来るように全力で協力します。

・今回の講演を聞いて僕はただただ驚くばかりでした。世界の地雷被害に遭う人が30分に一人なんて自分の生活じゃ考えられずに正直ショックでした。講演で大事だなと思ったところは、いろんなことを知る事です。知らなければ何もできないので、僕は今後いろんなことに興味を持っていきたいです。講演はとてもわかりやすくて実際の映像を見ることもできました。今回は知らないことが多かったけど少しでも知ることが出来て良かったです。

・地雷がどういうものなのか、そしてどんな被害をもたらすのかは、知っていましたけが、日本にはないと思って目をそらしていました。でも、この講演を聞いて、まず宮崎にそんな団体があることに驚きました。そして今のカンボジアの現実をしり、今までの自分が軽く考えすぎていたことを反省しました。私たちが普通に授業を受けているうちにも2人もの地雷被害者が出ていると思ったら、日本に住んでいることがどれだけ幸せなことなのかすごくわかりました。お金も時間もたくさんかかる地雷ゼロ運動だと思いますが、私たちに出来ることは何かを考え、実行しようと思います。そして積極的に募金などをして、1日でも早く地雷に苦しんでいる人たちを救いたいです。貴重なお話をして頂き、本当にありがとうございました。

・自分も小さなことでも何かしないといけないといけないのだなと思いました。やっぱり地雷で命を落とす人がいる今の世界はいけないと思うし、たくさん考えるより、一つの行動だと思うので、家族とかにパンフレットを見せようと思います。ありがとうございました。

・お話は初めて聞くことばかりで驚きでした。私は、そのことを家に帰ってから父に話しました。父もすごく驚いていました。私も今できることを少しずつやっていきたいと思います。いろいろな人に伝えていきたいと思います。本当にありがとうございました。

・地雷はその国だけの問題ではなく、世界中の問題だと思います。なので、今被害に遭っているカンボジアの方や、夢や目標を持っている子供たちのために、自分もできることをしたいと思います。
講演を聞いて私はショックを受けました。テレビなどで地雷についての番組をしていたりするのを見たことはあったけど、そんなに深く考えたことはありませんでした。人を傷つけるためだけに作られた地雷。その地雷がたった300円で私のお小遣いでも作れるということにショックでした。上野さんがおっしゃっていた「無力ではなく、微力」私はこの言葉を聞いて、その通りだなと思いました。ちりも積もれば山になる。それてお同じで、私たちのような中学生のわずかな力でも集まれば大きな力になるんだと気づかされました。
直接地雷を撤去をしたりするのは無理だけど毎日の暮らしのどこかに「地雷」という大きな問題があるんだということを忘れずに少しずつ力になっていきたいです。

・今までだったら話を聞くだけで私たち子供の力では何もすることができないと思っていたけど100円募金をするだけで地雷の撤去に役立てること、この話をいろんな人に話してカンボジアの現状を知ってもらうことなど、小さなことでも出来ることはあるんだなど思いました。

・今の私には募金をするといことぐらいしかできないけど、立志式という行事をむかえ、また一つ大人になった私は世界で起きていることにも目を向け世界に貢献できる人になりたいと思いました。

・これからは地雷のことを他人事と思わずにしっかりと心に残しておかないといけないと思いました。

・私は初めて地雷のことについて知りました。ずっと「私には関係のないことだ」と思っていました。でもカンボジアの地雷があることころを見たら「地雷を一つでもいいからなくしたい」と思いました。



宮崎大宮高校から寄付を頂きました。
宮崎大宮高校から寄付を頂きました。
街頭募金活動や10周年イベント、イオンイベントなどボランティ​ア協力をして頂いています。
今回は、手作りの国旗のブローチなどを販売をして募金を集めてい​ただきました。
頂いた寄付はカンボジアの地雷撤去などに使わせていただきます。​ありがとうございました。

omiya1