FC2ブログ
地雷ゼロ宮崎公式ブログ
3月14日 カンボジアスタディーツアー アンコール遺跡
3月14日は初めて、朝日のアンコールワット見に行きました
。朝5時30分にホテルを出てアンコールワットに到着しまだ
薄暗い空を見ながら日の出を待ちます。アンコールワットを背
に向けて朝日が昇っていくさまを見ると、自然の雄大さとアン
コールワットの荘厳さを見て感動します。
 その後、遺跡群を2つまわり、孤児院友情の家を訪問しまし
た。子供たちはカンボジア伝統民族舞踊をホテルで踊って生計
を立てています。子供たちの置かれている状況は非常厳しくそ
の中で一生懸命生きていました。その後空港に移動して今は、
ベトナムハノイ空港で飛行機を待っています。
明日の朝関空に到着します。無事に行程が終わります。
寄付や文具類の協力してくださった方誠にありがとうございました。
またメール、ブログにお付き合いくださりありがとうございました。
今年も以下のように活動予定を組んでいますのでよろしくお願いします。

3月22日14:00から宮崎市民プラザ3階でミーティングとミニ報告
会を行います。4月29日にはカンボジア報告会を行います。
詳細がきまりましたらご連絡します。

朝日のアンコールワット しばらく無言で朝日を見ています。
アンコール
スポンサーサイト



3月13日 カンボジアスタディーツアーツアー 希望小学校
今日は朝にバッタンバンを出発してアンコールワットのある
シェムリアップに向かいました。去年までは道が悪くバスが壊
れるぐらい揺れて5時間以上かかりましたが、今年は道が舗装
されて3時間でバスも揺れることもなくつきました。シェムリ
アップについて昼食を取ってから希望小学校を訪問しました。
モンドルバイ村という地雷被害者が住む村にある小学校です。
この小学校には親が地雷被害者で貧しく学校に通えない子供た
ちが、制服や教科書、文具を提供してもらって185名の子供
たちが通っていてます。学校に1年生から3年生の4クラスが
あります。午前は2,3年生、午後は1年生。今日は午後に訪
問したので1年生が勉強をしていました。教室に入ると子供た
ちの眼がキラキラと輝いていて本当に可愛い笑顔でこちらを見
ます。最初に宮崎から持ってきた文具と歯ブラシを手渡してそ
のあとは子供たちと毎年恒例の綱引きをしました。子どもたち
は綱引きをするのが楽しみで男の子VS女の子に分かれて3回勝
負。女の子2-1で勝ち。そして日本人ツアー参加者13名VS
カンボジア子供たぶん30名以上。簡単にあさっりと負けまし
た。
 一緒に遊んだあとは国語の授業を見せてもらい。楽しく子供
たちと交流を持てました。
これで支援先の訪問は一通り終わりました。明日最終日のアン
コールワット観光で明後日15日には帰国します。 地雷ゼロ
宮崎 上野
希望2
3月12日 カンボジアスタディーツアー MAG 孤児院訪問

 今日は、昨日地雷撤去を見せてもらた地雷撤去団体MAG事務所に向かい活動内容を話してもらいました。MAGは地雷撤去を専門とするNGOで8年前のスタディーツアーから毎年訪問して地雷原を見せてもらい活動を見させてもらっています。MAGを支援している理由としては、地域密着型でまずしい村からの依頼を優先的に撤去をしていきます。また社会的弱者の雇用も進めていて、貧しい村の農民や女性、地雷被害者なども雇用しています。
活動内容を聞いたあとに日本で集めた寄付2000ドル(約20万円)を渡しました。
地雷撤去活動に有効に使っていただけけたらと思います。
landmine2

 そのあとに孤児院ピースフルチルドレンホームⅡを訪問しました。いつものツアーだと半日の訪問ですが、今年は1日子供たちと過ごせます。到着すると子供たちがこんにちはと元気に日本語で挨拶をしてくれます。最初に自己紹介をして日本から持ってきた歯ブラシと寄付を1000ドルを手渡しました。その後カンボジアや日本の歌を一緒に歌い、そのあとは子供たちと遊びます。とにかく元気でめちゃくちゃパワーがあるので子供たちととにかく遊びます。そしてお昼御飯を食べてお昼寝も一緒にして子供の可愛い寝顔も見れました。午後はサッカーや縄跳びいろいろ遊んであっという間に時間は過ぎて行きました。帰る間際になると何人かの子供たちは笑顔が無くなってさみしい顔をします。1日一緒にいるだけで別れるのがつらくなります。
peace3



3月11日 カンボジアスタディーツアー 地雷原へ
地雷爆破の瞬間
landmine1
昨日の村の学校にほど近い場所に地雷原があります。地雷撤
去団体MAGの案内で今日は悪路を走り車で30分で地雷原に到
着しました。車を降りると赤いどくろマーク(地雷危険の看板
が多く見えます)今回の場所はトウモロコシ畑の中にある地雷
原で撤去をはじめてから115個の地雷が見つかり、被害者も
16名出ています。実際にヘルメットとプロテクターを着けて
地雷原の中に入って行きますすごく緊張をする時間です。30
0メートル歩いた先に今日見つかったソ連製の木製地雷が3個
ありました。その後火薬を仕掛けて爆破処理にも立ち会い。3
つ爆破するので大きい音と地面が少し揺れました。カンボジア
の広い青空に黒い煙が上がっていくのを見てこれで被害にあう
人が3人減っていくと実感をする瞬間です。 その後、悪路を
3時間走りバッタンバンに到着です。 地雷ゼロ宮崎 上野

3月10日 カンボジアスタディーツアー 貧困村の視察
mura1

 3月10日はバッタンバンというカンボジアの地方都市からコムリエンという地雷原の村に移動をしました。4WDで3時間悪路を走って到着しました。支援する村に入るにはさらに横道に入り30分、頭を天井にぶつけながら到着しました。
 ここは一緒にツアーを行っているテラルネッサンスが支援をしている村です。この村はまだ多くの地雷原があり地雷被害者も多く出ている地域です。
 最初に村の小学校に到着してテラルネッサンスが持ってきた文具を渡しました。子どもたちは鉛筆をうれしそうに受け取っていました。今回地雷ゼロ宮崎では、この村の小学校に行けない子供たちのための奨学金を支援しています。カンボジアの小学校では学費は無料ですが、教科書、文具、制服は親が揃えなければならず、貧しい村ではそろえることができずに学校に行けません。子どもたちが学校に行けるように奨学金を支援しました。子どもたちが新たしい制服と教科書やカバンを持ってうれしそうな姿が見れてよかったです。
 その後、この村の貧困層から脱出するためのマイクロクレジットの話や地雷被害者の方のインタビューをさせてもらいました。ここはポルポトが支配をしていた地域で住んでいる人は元ポルポトの兵士です。特に2人目に聞いた方の話は印象的でした。1979年ポルポトがタイ国境に逃げるときに多くの村の住民が兵士になりました。この人も兵士にはなりたくなかったが家族を守るためにいやだけど兵士になった。そして地雷を踏んでしまった。「戦争とは勝ち負けはない、すべてが負けだ。勝った方も負けた方もどちらも人が傷つき、多くの人が亡くなる。だから絶対してはいけない。私は後悔している。絶対戦争をしてはいけない」と力強く言われていました。家族の命を守るために仕方なく兵士になり、その後の人生で苦難を乗り越えてきた人の話は力強く、ショックを受けました。


3月9日カンボジアスタディーツアー 素敵な2人に会う
3月9日はまずカンボジアトラスト義肢装具士養成学校を訪問しました。こちらはツアーを主催しているテラルネッサンスが奨学生で支援をしています。今年で3年目になるヒム・カンニャさんです。3年前に会ったときにはシャイで伏し目がちで、声も小さく大丈夫かなと思うぐらいおとなしい娘でした。しかし今年は見違えるほどたくましくなり、自信を持って自分の思いを話をしてくれましました。彼女は今年9月で卒業して、障害者の人のために役に立ちたいという思いが実現するのが楽しみです。
 次に訪れたのがキエンクリエン職業訓練所です。この校長先生ソチャットさんに会うのが楽しみにしている人です。カンボジアでは障害者はなかなか働くことができません。この施設では縫製、電気製品修理、バイク修理を半年ないし1年で教えて自立することを目標に支援をしています。技術だけではなく、人として成長することを考えて、ソチャットさんは親身になって学生のことを考えています。毎年会うのが楽しみな本当に心やさしい素敵な人です。
 そのあと、バッタンバンへバスで5時間かけて移動をしました。
明日は4WDで地雷原にある貧困村に、地雷ゼロ宮崎が資金提供して奨学金制度で学校に通えるようになった子供たちに会いに行きます。明日はメールが通じないのでまた明後日報告を入れます。HPのブログに写真をアップします。http://www.spin.ne.jp/~mlc-zero/
       地雷ゼロ宮崎 上野
ヒム・カンニャさん
cspo1

校長先生のソチャットさんに募金を手渡す。
aar1
3月8日 カンボジアスタディーツアー プノンペン
皆さん今晩は、なかなか時間が取れずに、またメールする場所
が見つからずにカンボジアからの報告ができませんでした。3
月8日は朝からとてもハードな行程でした。朝にキリングフィ
ールドに行きました。カンボジアポルポト時代に多くの人が殺
された場所です。多くの人が犠牲になり頭蓋骨が安置されてい
る慰霊塔や骨がまだ多く埋まっている場所です。犠牲になった
方々の冥福を祈りながら訪れました。そしてそのあとはゴミの
山に向かいました。この日は休みにも関わらず訪問するという
ことで先生と多くの子供たちが迎えてくれました。子供たちの
笑顔と元気さに圧倒されます。この子供たちの笑顔に会いに来
ていると感じます。宮崎付属中から預かった手作りおもちゃを
無事に手渡すことができました。そしてごみ山の見学。ゴミの
状況は相変わらずひどい状態です。そしてマーケットで買い物
をして、トゥールスレーン博物館に行きます。ここはポルポト
時代の収容所で多くの人が拷問され殺されていった場所です。
本当に当時の写真や絵、独房などが残っており本当に心苦しく
なります。同じ人間として何でという思いが出てきます。今回
のツアー参加者も心で受け止められずに、感情極まって夜のミ
ーティング涙ぐむこともありました。この現実を受け止めるに
はハードな場所です。 地雷ゼロ宮崎 上野

宮崎からの手作りおもちゃを手渡す。
gomiyama1
3/7 カンボジアスタディーツアー スタートです
3月7日カンボジアスタディーツアースタートです。今年で8回目となります。今回は宮崎から2名の参加です。前日より関空近くのホテルに前泊して11:00のベトナム航空で発ち現地時間の18:40分(日本時間の20:40分)に到着予定です。今年も皆様から頂いた募金や文具を届けてきます。カンボジアツアーの様子をメール、ブログで報告します。帰国は15日です。では行ってきます。 地雷ゼロ宮崎 上野
3月4日 カンボジアツアー準備
3月7日から始まるカンボジアスタディーツアーの準備を進めています。今日は学校や団体個人の方々があつめてくださった支援物資(文具や歯ブラシ、おもちゃ)を梱包して一足先に関空に宅急便で送りました。皆様の大切な思いを届けてきます。

bussi1
3月1日 街頭募金活動
長らくブログの更新が滞っていました。申し訳ありませんでした。活動は継続的に行っていますので去年の10月からの活動を更新しましたのでご覧ください。

3月1日 デパート前交差点で街頭募金活動を行いました。8名の参加で、この日は雨も降らず久々に晴れ間も出ましたがやはり2時間街頭に立つには寒さがこたえます。多くの方が募金を入れてくださり19875円集まりました。集まった募金は3月7日よりカンボジア届けてきます。皆さん誠にありがとございました。

カメラを向けるとなぜか顔をそむける参加者たち・・・・
bokin31
2月15日 ミーティングと文具の集計
2月15日 定例ミーティングとカンボジアに持っていく文具類の集計を行いました。今年も多くの支援物資が集まりました。特に歯ブラシは750本以上です。ボールペンはインクが出るかチェックをします。
参加者で話をしながらワイワイ楽しく時間は過ぎていきます。
 協力をしてくださった方、ありがとうございました。
             
1月24日25日 イオンでのイベント
1月24日25日と宮崎市のイオンでイベントを行いました。地雷ゼロ宮崎が団体で所属している国際協力ネットワーク宮崎(宮崎の国際協力NGO4団体が連携して作った団体)主催で写真展や団体発表などを行いました。また親子連れが多いのでバルーンアートやフェイスペイント、スタンプラリー、クイズなどを行い多くの人が足を止めてみてくれました。地雷ゼロ宮崎は金属探知機とヘルメット、プロテクターを用意して地雷撤去体験をしてもらいました。皆さん興味深く質問されたり感想を言われました。
2日間皆様ありがとうございました

プロテクターを着けるとこんな感じです
ion1

金属探知機で模擬地雷を探します。
ion2
1月17日 歯ブラシが届く
宮崎大宮高校より歯ブラシが400本以上届きました。量にびっくりです。修学旅行に行った時に生徒の泊まったホテ歯ブラシを使わずに持ってかえってもらったものです。いただい歯ブラシはカンボジアに届けてきます。ありがとうございました。

omiya
12月20日 街頭募金活動
12月20日に街頭募金活動を行いました。今回は参加人数が3名と少なく他の募金活動や署名活動などがありなかなか苦戦でした。いつもより募金額も少なく大変でしたが続ける、あきらめないことと改めて感じました。
12月15日 高原高校での講演会
12月15日 高原高校1年生120名対象で講演会を行いました。今回で5回目、毎年l講演会に呼んでくださり本当にありがたいです。今年の1年生もよく聞いてくれました。またよろしくお願いいたします。

takaharu
11月23日 宮崎東高校での講演会
11月23日 宮崎東高校で講演会を行いました。参加は20名 通信制なので年齢層が幅広く、皆さん真剣に聞いてくださいました。ありがとうございました。

miyazakihigasi
10月31日 地雷ゼロ宮崎 パネル作成中
地雷ゼロ宮崎の団体紹介のパネルを作成中です。 会員のKさんの手書きで作ってもらいました。
なかなか良い出来です。
paneru1
10月26日 生目中学校文化祭
10月26日に生目中学で文化祭がありました。9月に生目中1年生に対して地雷の講演をしました。1年生は国際理解教育のために5回ほど外部の講師の方の話を聞き文化祭でステージ発表をしました。世界の現状、貧困や戦争、地雷などをテーマにしたもので素晴らしい出来でした。
 皆さんお疲れ様でした。生目3